~講演会を開催しました~            



11月は児童虐待防止推進月間です。児童虐待の相談件数は年々増加しており、子どもに対する痛ましい事件が後を絶ちません。  郡山市で初めてファミリーホーム立ち上げた仁井田三枝子さん(ファミリーホームいぶき理事長兼ホーム長)を講師に招いた講演会には、幅広い年代の方が参加されました。  家族スタイルの変化や近隣地域との関わりの希薄化、望まない妊娠や子育てへの不安など親の抱える孤立感や生きがたさが虐待の要因のひとつとなっています。子どもを虐待から守るためには、その親も理解し社会全体で守っていくことが大切です。  参加者からは「自分にできる支援について考えたい」「子どもだけでなく親も守るという視点が大切だと分かった」などの感想が寄せられました。





最新記事

すべて表示

「発達障害を抱える子ども支援の実践」 発達障害という言葉を耳にすることがありますが、それはどの様な障害なのでしょうか。 発達障害と一言で言っても、その特徴は一様ではなく、年代や成長の段階によっても異なります。当事者の抱える生きにくさは、外からは見えにくいため周囲から理解されにくく身近な家族でさえその対応に悩み、精神的に追いつめられやすくなります。当事者の個性や能力を肯定的に捉え、適切な関わりが持て