講演会「デートDVを知っていますか」終了しました。

7月4日(日)の講演会には、ZOOMでの参加も含め、幅広い年代の方が参加されました。

アウェアの代表である山口のり子さんは、2003年に「デートDV」という言葉を日本で初めて使って本を出版され、若者向け防止教育に取り組んでいます。

講演会では、小学生向けのプログラムを紹介しながら、力と支配の関係や暴力容認の意識、ジェンダーのしばりがDVに結びつきやすいことを分かりやすく説明されました。

日本のジェンダーギャップ指数の順位が156ヶ国中120位であること、国会議員に占める女性の割合が諸外国に比べ圧倒的に少ないことなどを挙げ、未だ女性差別や女性蔑視の意識が根強く残る社会であることを示されました。

力と支配で相手をコントロールするのではなく、対等でお互いを尊重出来る関係を築き、誰にとっても生きやすいジェンダー平等な社会を私たち皆で目指しましょう。


最新記事

すべて表示

「発達障害を抱える子ども支援の実践」 発達障害という言葉を耳にすることがありますが、それはどの様な障害なのでしょうか。 発達障害と一言で言っても、その特徴は一様ではなく、年代や成長の段階によっても異なります。当事者の抱える生きにくさは、外からは見えにくいため周囲から理解されにくく身近な家族でさえその対応に悩み、精神的に追いつめられやすくなります。当事者の個性や能力を肯定的に捉え、適切な関わりが持て